無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
ジムニーJB32 オイル漏れ対策 オイルシール交換
JUGEMテーマ:ジムニー
   オイル漏れを直すには、ガスケット類を交換する以外に手だてが無いので交換です。ヘッドには3種類のガスケットが使われいます。
 1ヘッドカバー
 2プラグホール
 3デスビ風の根本
ヘッド内
ヘッドカバーはボルト数本で外れます。
シングルカム4バルブの構造が良くわかります。

カバー裏
カバー裏
硬化した周囲のガスケットとプラグホールのガスケットを交換です。

デスビオーリング
オイル漏れの最大の原因の箇所はココでした。
このOリングが硬化しオイルが漏れていました。

プラグシール硬化比較

実際に「どれだけ硬化したか」を見てください。
新旧のプラグホールのガスケットですが、こんなに変形量が異なります。
古いガスケットは柔軟性がなくコッチコチに固くなっています。
こんな石頭状態では、オイルが漏れてしまいます。



| おとジム | ジムニー JB32 エンジン | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。