無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
ジムニー シエラ JB32  タイベルカバー、プーリーと接触 最終
 
JUGEMテーマ:ジムニー
 タイベルカバーとプーリーの接触にお付き合いくださりありがとうございます。そろそろ、このシリーズは終わりです。
 樹脂製のタイミングベルトカバーは、割ってしまったので新調しました。遊び心で16valveの浮き文字を黄色で塗ってみました。これだけで、レーシーな感じがしてグッドです。
カバー

裏側にゴム製のパッキンをはめ込みエンジンに借り組します。
タイベル6


タイベル5
ベルトを取り付けましたが、プーリーとの接触はありません。

このまま気を良くしてエンジン始動!
タイベル2
接触してません。

ウ〜ム、何故だ

カバーに取り付けたゴムパッキンに注目してみる。
ゴム3

このパッキンは、部品を頼み忘れて古いパッキンを再利用したものだ。カバーの下側の付近のパッキンは、漏れたエンジンオイルを含み膨張している。
ごむ4

対して、カバーの上側のパッキンはオイル一切含まず乾燥している。
ゴム2

 写真を見てもらえば分かるが、カバーとプーリーの隙間はごくわずかである。カバーのゴムパッキンが漏れたエンジンオイルを含み膨張したことで、カバーとプーリーが接触することになったのかもしれない。その他、カバー自体もオイルやエンジン熱によっての材質に変化が生じて膨張し、プリーと接触したのかもしれない。
いずれにしても、残念ながら「これだー」という明確な答えが出なかったが、今後も観察していくことで、さらに原因を追求していきます。
 次回は、この交換劇でついでに交換した水ポンプ等もお知らせします。


| おとジム | ジムニー JB32 エンジン | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。