無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
スズキ ジムニー JB23 トランスファー オーバーホール

JUGEMテーマ:ジムニー

 おとジム号も20万キロを超過しましたので、各部をオーバーホールしていきます。

 今回は、トランスファーのオーバーホールです。おとジム号は前期型ですので、2輪駆動、4輪駆動、ハイローの切り替えは、レバーで操作するタイプです。

 おとジム号を日常的に使いたいので、中古のトランスファーを購入してオーバーホール後に載せ換えます。

 トランスファーは8万キロ走行のジャンク品

 

開封しました。

カバーを開けたところ

こちらがカバー側(オイル注入口側)

カバーの色が異なる部分がオイルライン

 

さらに分解

チェーンとプラネタリーギヤの取り外し

左の歯車からチェーンを通して右の歯車に動力が伝達

 

 プラネタリーギヤはギヤが複雑に噛み合っていますね。このプラネタリーギヤでHI,LOを切り替えます。

目視では異常は見られません。

リングギヤ、サンギヤ、アウターギヤ

 

さらに分解をします。この先は二輪駆動と四輪駆動の切り替えを行うギヤが入っています。

この先は二輪駆動、四輪駆動の切り替え

シャフトをケースから取り外して点検をしましたが、各ギヤには異常がありませんでした。

トランスファーはギヤで一杯

 

 ベアリングとオイルシールの交換を行います。ベアリングはシール付きを選択しました。このシールで、外からの埃と内部の鉄粉からベアリングを守る狙いがあります。オイルシールは純正を使用しました。

左が新品のベアリング

 組み立てていきます。

 

清掃して綺麗にしました

再生完了

完  成

完成はしましたけれど……

忙しくて、まだ載せていません。

 

 

 

| おとジム | ジムニーJB23シャシ | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments: