無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
スズキ ジムニー JB23 ブレーキマスターシリンダーのカップ交換

JUGEMテーマ:ジムニー

 ブレーキマスターシリンダー内のカップを交換します。

 カップは消耗品ですから、定期的な交換が必要です。ブレーキだけに、常に万全な状態にしておかないと危ないですね!

バッテリー下の台が錆びていたので、錆止め塗料を塗りました。

 

 リザーバータンク内のブレーキフルードを抜いて、パイプも外します。

 マスターシリンダーとマスターバックをつなぐナットを外して、マスターシリンダーを抜き取ります。

 

 抜き取ります。

 

 あれ、抜けません!!

 

 錆びで固着しています。

 潤滑剤を吹きかけて……  しばらく待ちます。

 が、結局は車上の狭いところでは力が入らず取れませんでした。

 残念ですが翌日にジムニーを使いますので、一旦元に戻します。

マスターシリンダーが抜けません。

 


う〜む

 中古のマスターシリンダーとマスターバックのペアを購入し、オーバーホールして使うことにしました。 

 

最安品をポチッとして購入

やっぱり、こちらもマスタシリンダーとマスターバックが固着しています。

シリコンを噴射して暫く放置後に、マスターバックを足で押さえつけ、マスタシリンダーを両手で持ってグリグリと取り外しにかかります。

グリグリと攻撃

突然、両者がパカっと分離しました。

錆び錆びですね。

やっと分離しました。

 

 


マスターシリンダーのオーバーホールです。

スナップリングを外し、カップを引き出します。

 

カップを引き出しました。

シリンダー内を清掃して新品のカップを組み込みます。

スズキ純正部品を使いました。

  シリンダーやカップにブレーキフルードをかけ流してから組み込みます。


 マスターバックのお手入れです。と言っても、錆びを落として塗装するだけです。

 

マスターバックの完成です。

 マスターバックの取り外しです。

 ブレーキペダルとマスターバックは、ピンで固定されていますのでピンを抜くだけで分離します。

 マスターバックと車体をつなぐナットを4本外して取り外します。

錆び、埃がいっぱいです。

マスターバックが取れました!!

ここも埃でいっぱいです。

どちらも古いものですが、一応、新旧の比較です。

 ブレーキのエアー抜きをして完成です!

 

 前期ジムニーJB23は、マスターシリンダー下側のマスターバックが錆びている車体をよく見ます。

 これは、マスターシリンダーから漏れ出た微量なブレーキフルードが、マスターバックの塗装を侵かすことで錆びるのではないかと考えています。その錆びの影響で、マスターシリンダーとマスターバックが固着してしまうようです。厄介な、マスターシリンダーです。

 

| おとジム | ジムニーJB23シャシ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://jimnycoil.jugem.jp/trackback/385