無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
スズキ ジムニー JB23 リヤハブオイルシール実験中

JUGEMテーマ:ジムニー

 

 ジムニーの泣き所!

リヤハブからのデフオイル漏れ

 

オン、オフ問わず目一杯走ると左側からデフオイルが漏れてきます。JB23だけではなく、歴代のジムニーがそうでした。

今回も漏れてきました。漏れたオイルはタイヤを濡らしています。

点検、整備です。 

それに加え実験も行います。

 

 

リヤドラムを開けると、このとおり矢印

ブレーキシューにタップリとデフオイルが回っています。

 

当然、ドラムにもデフオイルがタップリと回っています。矢印

オイルが回るとブレーキが効かないってことです。

 

 

オイルシールを交換します!

交換作業は、サイドブレーキ、ブレーキパイプ、ブレーキプレート等を外して、スライディングハンマーでシャフトを引き抜きます。

 

 

スライディングハンマーが無い場合は、ドラムをひっくり返してユルユルに取り付け、ドラムごと引き抜きます。

下の写真はJA11での参考画面

 

シャフトを抜いたデフホーシング内には、オイルシールを乗り越えてオイルが溢れています。

 

考えるここで、考えました!

純正のオイルシールと交換しても、またデフオイルが漏れてきます。

 

世の中には、オイルシールがいっぱいあります。

純正だけがオイルシールではありません。

他のを使ってみます!

 

実験です。実験

純正を含め、多数のオイルシールを購入しました。

 

今回、使用するのは右下のオイルシール、全身がゴムで覆われています。

左下はオイル漏れした純正オイルシール、上の丸いベニヤ板は「おとジム特製SST」

 

新品のオイルシールをはめて、この特製SSTを当てがい、コンコンとハンマーで軽く叩きます。ハンマー

 

ハイ! 奇麗にオイルシールが収まりました。

 

で、ですが、

100キロも走らない内にまたもやデフオイルが少々漏れてきました。

このシールは、全くダメでした!!

 

また、同じ作業を繰り返します。

 

今度は、他メーカーさんのシールを使用します。

まだ、実験中ですので型番等はご容赦ください。

耐久性にすぐれていると良いのですが!?

つづく

| おとジム | ジムニーJB23シャシ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://jimnycoil.jugem.jp/trackback/355