無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
スズキ ジムニー JB23 オイルレベルゲージ 製作

JUGEMテーマ:ジムニー

 

 ジムニーJB23のオイルレベルゲージが赤線のところで破断しました!

 「おとジム号」も製造から16年が経過していますので、熱にさらされ樹脂が劣化して破断しても不思議ではありません。  

 ガム状のエポキシ系ボンドで応急処置をして、しばらくはそのまま使ってました。 

 

 

 しかしながら、これでは貧乏臭いので、純正のオイルレベルゲージを約1,000円で購入して交換しま〜せん!?

 

  せっかく新品を購入しましたが、オリジナルのオイルレベルゲージを鋳物で作ります。

 

 「はにわ粘土」にオイルレベルゲージを押し付けて、自然乾燥させます。

 

 約一週間、自然乾燥させたところで「型」が完成です。

 

 タイヤのバランス取りに使う鉛がありましたので、アルミ鍋入れてコンロにかけます。

 鉛は融点が約300℃と低いので、アッというまに溶けます。

 

 「型枠」にワイヤーを通して準備完了

 溶けた鉛を一気に流し込みます。 

 

 鉛が冷めて固まった頃合いを見て型を割ります。

 初めての鋳物ですが、想像以上に良い出来映え! 

 

 

 ワイヤーの両端を加工しておとジム特製「オイルレベルゲージ」の完成です!!

 

 エンジンに収まったところですが、地味でまったく目立ちません。

 

 エンジンルームに入れオイルレベルを計測する側のワイヤーは、純正のオイルレベルゲージの穴の位置と同位置にハンダを盛り油量を計測できるようにしました。

 

 鋳物って面白いですね! 

 このオイルレベルゲージを作っている最中に、新たなアイデアが浮かびましたので、次作を作ります!

 

| おとジム | ジムニーJB23エンジン | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://jimnycoil.jugem.jp/trackback/343