無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
スズキ ジムニー JB23  むき出しエアーフィルター1
お手軽なチューンアップといえば、エアーフィルターとマフラーの交換が定番ですね。
でも、実はおとジム号はどちらもノーマルなんです。ハイ。
過去にはエアーフィルターとマフラーを交換したこともありましたが、個人的には投資に見合うだけのパワーアップが認められなかったので、今はどちらも純正です。
しかし、今回は訳あってエアーフィルターの交換を考えています。
その訳とは、フロントガラス越しの視界は砂塵、粉塵で全面茶色。唯一、視界に入るのはぼんやり光る前車のテールランプ。そんな中を3時間も走る耐久レースにおいて集塵をする「エアーフィルター」のこと。

砂塵、粉塵が舞うコースを1時間走ると純正のエアーフィルターでは、集塵量が限界となります。下の写真のとおり、純正フィルターをタイヤに軽く叩くとタイヤが一瞬で真っ白になります。

砂塵、粉塵で詰まったエアーフィルターでは、吸気抵抗が大幅に増加し大きくパワーを失います。従って1時間に一回はピットに入ってエアーフィルターの清掃を行わなければなりません。レースでは、その間にライバル達は1周も2周もしてしまいます。

そこで、エアーフィルターを無清掃で3時間走るには?

考えた末…

答えは「エアーフィルターの集塵面積を大きくする」ことにしました。

試しに用意したエアーフィルターはT社の3リットルエンジン用です。縦280ミリ、直径150ミリ、内径80ミリ、折り畳まれた紙フィルターが過密に収まっていますので、フィルターを伸ばして一枚の紙にしたときの面積はジムニーの数倍もありそうです。

ゴムバンドで縛っただけの仮止めで、試走してみました。

 吸気音に関しては、スポーツフィルターのような「シューシューブロロロー」音はしません。アクセルをオフにした瞬間にブローオフバルブの「ヒューンシュルシュル」の音が聞こえます。
 肝心の走りへの変化ですが、低速トルクを確かめるため2速発進を行います。1速発進よりは少し長めの半クラッチでスムーズに発進しますので、以前と変化はありません。そこから、アクセルを踏み込んで中間加速です。陸橋の登り坂を加速しながら登って行きますが、あれっ? 力強さを感じず速度が思ったように上昇しないように感じます。平坦路での加速では以前と変化ありませんでした。高速域での試乗は出来ませんでしたが、走りに関しては、中速域でトルクの落ち込み感を伴いますが、総じて言えばノーマルエアクリーナーと大差ないようなので、このフィルターで3時間耐久レースに参戦する予定です。
 とはいえ、このままでは流石に3時間は厳しいので、もうひと工夫加えます。


 
| おとジム | ジムニーJB23エンジン | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://jimnycoil.jugem.jp/trackback/317