無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
スズキ ジムニー JB23 スパークプラグを2極プラグに交換
JUGEMテーマ:ジムニー
 おとジム号にはチャンピオンのイリジウムプラグを使用しています。このプラグは中心電極にイリジウム、外側電極には白金を採用することで着火性も良く、寿命も10万キロと高性能なプラグです。
 このプラグに交換して早くも3年3万キロとなりました。プラグを取り外して点検すると「消耗、くすぶり、焼けすぎ」等の異常はありません。このまま点検も清掃も行わずに残りの7万キロまで働いてくれそうです。


そんな優秀なプラグなのですが、クルマのメンテ好きにとっては、メンテが不要なプラグは飽きるのです。
1年に一回は焼け具合を確認して、ワイヤーブラシでカーボンを取り除きたいのです。

そこで、イリジウムや白金などを使わないスパークプラグと交換します。
選んだのは、NGKのDCPR8EKC


外側電極を2極としたスパークプラグです。
なぜこの多極プラグを選んだかというと、「電極の消耗を分散させているので耐久性が高い。放電に必要な電圧を下げる効果もある」そうです。が、そんなことより、最大の理由は、電極が多くてカッコ良いからです。

交換して試乗しました。正直なところ今までと何も変わりません。新品プラグですが、エンジン始動性も加速性能も体感するような改善はありません。でも、このプラグは定期的にワイヤーブラシでゴシゴシと磨けます。メンテ好きには最高です。
 
| おとジム | ジムニーJB23エンジン | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://jimnycoil.jugem.jp/trackback/314