無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
スズキ ジムニー JB23 前後サスペンションアームのブッシュ交換

JUGEMテーマ:ジムニー

 サスペンションのリーディングアーム、トレーリングアームの点検したところ、ブッシュに細かなシワやヒビ割れが発生しています。直ぐに交換しなければならないような大きな割れは発生していませんが、おそらく新車から15年間無交換と思われるのでブッシュを交換します。


 
おとジム号は、コイルバネを交換して20ミリほど上げています。20ミリ程度のリフトアップでは、キャスター角を大きくする改造を必要としないのですが…… そこは好奇心!前輪アームに偏心ブッシュを圧入してキャスター角を変更します。偏心ブッシュに交換して直進性がどのように変化するのか実験です。


ブッシュの交換には、10トン級のプレス機を持っていれば直ぐに終わるのですが……
私の持っているプレス機は2トン。試しに古いブッシュを抜き取るためにプレスしてみましたが、全く歯が立ちません。プレス機を壊す前に諦めました。

古いブッシュのゴム部分をドリルで揉んで落とし益す。カラーのみがアームに残ります。

残ったカラーをタガネとジグソーを使ってカラーを外します。

古いブッシュが取れました。

偏心ブッシュを入れる前輪用には、こんなSSTを作りました。

偏心ブッシュを入れても、前後ブッシュの間隔が変化しないようにする工具です。

ここで、やっと2トンプレスの出番です。新品ブッシュをズンズン打ち込んで行きます。


ブッシュの打ち替えが完了しました!!














この後は、ジムニーに取付けて試運転です。
車庫から通りに出るときにハンドルを回しますが、この時の操舵力がそれまでより重たいです。
表通りの直進では直進性が、良くなっています。ハンドルを左右に少し切って手を離すと、素早くハンドルが戻ってきます。マンホールや舗装の荒れた路面でもハンドルに手を添えていれば安定しています。コーナーリング中もハンドルの保持力を多めにしなければなりません。

さらに、スピードを上げて…… 

あらら、出ましたジャダー! スゴいです。特定の速度になるとハンドルのブルブルを感じたと思った瞬間に、車体全体がガクガクと左右に揺れています。怖いっす。
後日、もう一度、サスペンションアームの取付けボルトを締め直し、キングピンベアリングにグリスを塗込み取付けボルトを締め直して再試乗。今度は大丈夫。ジャダーが消えています。

高速道路を走る機会があったのですが、直進時の安定感が以前とは桁違いに異なり断然いいです。普通の乗用車のように真っすぐに走ってくれます。ハンドルの修正もほとんど必要ありません。
キャスター角の1度って大きいです。
| おとジム | ジムニーJB23シャシ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://jimnycoil.jugem.jp/trackback/313