無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
スズキ ジムニーJB23 ターボインレットパイプを後期型に交換
JUGEMテーマ:ジムニー
 ジムニーJB23のターボインレットパイプは2種類あり、前期型は細いタイプ、後期型は太いタイプである。おとジム号は前期型のため細いターボインレットパイプが取付けられているが、後期型の太いタイプに交換した場合にターボに入る空気が増大し、過給を最大限に引き出すことができるのではないかとことで交換してみます。

交換前(赤→


交換後のターボインレットパイプ(赤→
エアーバイパスバルブからのホース(黄色→


購入したのが、この純正品のターボインレットパイプ。ジムニーJB23の後期型用です。


新旧の比較
明らかに、後期型の方が太いですね。


エアークリーナー側
口径は前期型が直径30ミリ、後期型は直径40ミリ。前期型は30ミリの直管、後期型は40ミリからテーパー状に絞りながらターボに空気を送り込む。



ターボとの接続側
口径はともに直径30ミリ。前期型は張り出し(赤→)があり、空気の流れを乱しています。後期型には、張り出しがありません。


 取付けは、ターボとの接続の2本のボルトのみなので簡単ではあるのだが、後期型のターボインレットパイプは厚みがあり、エンジンとの隙間が少なくボルトを締めるスパナやボックスを入れることが難しい。何とか締込むことが出来たが、この一連の交換作業で一番時間がかかったのがこの作業です。
 
 エアークリーナーボックスとターボインレットパイプを接続するゴムホースも後期型の純正品に交換します。
 

 その他、エアーバイパスバルブからエアークリーナーに接続されるホースも、後期型ではターボインレットパイプに接続するように変更になっているので、今あるホースをカットして流用。エアークリーナーボックスのエアーバイパスバルブ用の口は蓋をして閉塞しました。
 

 さて、試乗です。
 ターボの過給が始まるまでは当たり前ですが何の変化ありません。さらに、アクセルを踏み込み過給が始まるとターボのヒューン音がそれまでより大きく聞こえ、加速力がそれまでよりもアップしたように感じます。フルスロットルよりもハーフスロットルでターボを効かせた時の方が、よりスムーズに空気を吸っている感じがして加速力がアップした感じです。
 あくまで、フラシーボ効果を含めた体感でのことで、タイムを計ってはいないので説得力はないのですが、口径が広がったことで、より空気の流れがスムーズになったことは確かですし、メーカーさんもお金を掛けて変更したのですから、加速力の向上も含めて何かメリットがあるのは確かです。


後日

インレットパイプが太くなった分、重量が以前のインレットパイプより重くなり、それを支えるターボへの負担を軽減させる目的で、太くなったインレットパイプとエンジンのチェーンカバーに自作のステーを渡して固定しました。


| おとジム | ジムニーJB23エンジン | comments(10) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2016/01/13 12:56 AM posted by: jyoshin
JB23の3型乗りですがこんなの初めて知りました。 うちも真似してやってみたいんだけどこのパイプおいくら千円? いや万円までするかな?
 
というかタービン周りってボルトが熱で固着して外れないってイメージあるんですが。
2016/01/13 10:27 PM posted by: おとジム
jyoshin 様
部品の価格ですが、パイプ5,400円、ホース2,000円です。
タービン回りでボルトの固着が見られるのは排気側で、吸気側は固着はありません。
ご参考にしてください。
2016/01/14 7:24 AM posted by: jyoshin
ありがとうございます!
現在JB23ちゃん板金で入院中なので
戻ったら早速試してみます。
2016/01/15 10:47 PM posted by: 中静
はじめまして、こんばんわ。
いつも楽しく拝見しています
初めてのコメントになりますが、早速相談が有ります。
私はJB23の3型のMTに乗っています。
運転席側のフレームが腐食してまい、四駆のギアを入れるとホーシングを支えているフレームが垂れてしまっている為にカタカタと接触音が鳴ります。
フレームの補修について御意見頂けないでしょうか?
お願い致します。
2016/01/16 12:45 AM posted by: おとジム
 中静様
 フレームは、人間でいえば背骨にあたるもので大切なものです。残念ですが文面のみでは症状が分りませんので、お近くの修理工場に診断していただくのが一番だと思います。お役に立てなくて申し訳ありません。
2016/01/16 11:22 AM posted by: 神奈のU
おっおもしろいです♪
その着眼点がすごいです。まったく気づきませんでした。

あとね、プラグも前期と後期では変わってると思うんですが、Dイグニッションも違うのか?気になります。
小細工が楽しそうなところです。
イリジウムの寿命って長寿命かと思ってたら、
通常とかわらないみたい。それにしては高額なんですよね。
白金プラグと勘違いしてまいた。
電子制御ってすごい。
2016/01/16 8:54 PM posted by: おとジム
プラグは、H20年6月にプラグのリーチ(ネジ)を長くして熱をヘッドに逃がしやすくしたと思われます。コイルは同じもののようです。
イリジウムプラグもフック型の外側電極に白金を使っていれば長寿命となるようです。両側がイリジウムのプラグは見たこと無いですね?どうしてですかね。


2016/01/16 10:23 PM posted by: 中静
こんばんわ。
早速の返信、有難う御座いました。
一度、見てもらいに伺ってみます。
2016/03/06 10:41 AM posted by: うばらった
おとジムさん。
こんにちは。

いつも楽しく拝見させております。
JB23 儀燭鯊臉擇望茲辰討い觴圓任后

当方、4型のインジェクターに変えておりますが、どうも燃調が濃い目になっているうようで、吸気効率の向上について模索しておりましたところ、貴殿の情報に辿り着きました。そこで、質問なのですが、一連の作業に
必要となる工具について、ご教授頂けないでしょうか?どうも手の入りにくい場所のようで心配しております。

余談ですが、JB23 儀拭,箸討盂擇靴
車ですね。今までのってきたどの車よりも乗り心地は最悪なのに、愛着があり飽きることがありません。やまり、弄り甲斐のある車だからなのでしょうね?因みにガレージセールのヘッドカバーは、当方の儀燭燃萍中ですよ。新たな出品も楽しみにしております。

お体に気をつけて、仕事もブログもがんばってください。


2016/03/07 10:48 PM posted by: おとジム
そうなんです。簡単には工具が入らないのです。10ミリの持っているの工具を引っ張りだして、上下左右にこねくり回して使えば何とかなりまいた。
『コレでなければ出来ない』と言ったモノではないので頑張ってください。
いつも、参考にならなくて申し訳ございません。

name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://jimnycoil.jugem.jp/trackback/306