無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
スズキ ジムニーJB23 バンプストッパー 自作
JUGEMテーマ:ジムニー
  ジムニーJB23のフロントバンプストッパーを自作しました。
 新車の時から装着されていた前輪の純正のバンプストッパーが、寿命を迎えました。具体的には、取り付け部分のゴムの一部か欠損し傾いた状態でぶら下がっていました。
 
 新品の純正バンプストッパーと交換する?
 イエイエ、ホームセンターで購入した「あおりゴム」を使用してバンプストッパーを作ります。

 写真の右が純正のバンプストッパー。赤→の部分が欠損していました。
 写真の左が「あおりゴム」を流用したバンプストッパー。
 作り方は
1ゴムの中央に穴を通しボルトを埋め込みます。
2「あおりゴム」の直径が純正バンプストッパーより大きいので、カッターナイフで面取りをします。


 装着は
1ビルシュタインショックアブソーバーの下部を外しコイルバネを外します。
2「あおりゴム」の中心に通したボルトをコイルバネのマウント中央に開いている穴に通してナットで固定します。
3コイルバネとビルシュタインショックアブソーバーを装着して完了



テスト走行に選んだのは、9月に斑尾高原スキー場で行われた3時間耐久レース。3時間に渡り、飛んだり、跳ねたり、落としたりと耐久性と性能を証明する絶好の場です。

ボルトを埋め込んだ取付け方法では、ゴムが割れて落ちるのではないかと不安もありましたが、結果はあっさり完走。自作バンプストッパーの耐久性を証明しました。
純正バンプストッパー15ミリほど長くなり、中心にボルト通しの穴があいているので、路面からのショックをソフトに吸収します。「ガッツん」と脳天に突き刺さる衝撃が緩和され疲労が少なくなり性能も証明されました。
| おとジム | ジムニーJB23シャシ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://jimnycoil.jugem.jp/trackback/303