無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
ジムニーJB23 オーバーホール完了
JUGEMテーマ:ジムニー

 ジャンクなワゴンRエンジンをオーバーホールしてジムニーに載せました。
 ヘッドカバーとフロントカバーを塗り直したので、新品ぽく感じます。


セルを回して一発始動!ブロロロ〜って低音を響かせながら静かに回転しています。約2ヶ月ぶりのエンジン音です。K6特有のタイミングチェーンのカサカサ音とインジェクターのカチカチ音がわずかに聞こえます。ラジエーターの電動ファンが回転するまで暖気運転をしましたが、異音や振動、オイル漏れ、水漏れもありません。スロットルを何度となく開いてレーシングもしましたが異常ありません。オーバーホールは、とりあえずは完了しました。

エンジンブローの経緯
無謀にもジムニーでジムカーナの練習に参加。ジムニーK6エンジンの3番ピストンの子メタルが流れてエンジンは寿命を迎えました。
 

ジャンクエンジン選択
 ジムニーのK6エンジンのクランクのジャーナルには無数の傷がついたので交換となります。が、新品クランクを購入するよりもK6ジャンクエンジンをオーバーホールした方が安価なので、当然のごとくワゴンRのジャンクエンジンを購入してオーバーホールを開始しました。

ジャンク品として購入しましたが、分解してみると程度は悪くなく、主要な部品は全て再使用可能でした。このまま、載せ換えても使えたと思います。



オーバーホールの内容
  1. エンジン内外洗浄
  2. ピストンリング新品交換
  3. 親メタル、子メタル新品交換
  4. クランクやカムの回転部分の磨き
  5. バルブ清掃、擦り合わせ
  6. バルブクリアランス調整
  7. インマニ、エキマニは少々の研磨、段差修正
  8. オイルシール、パッキン、ガスケット等新品交換
  9. ヘッドカバー、タイミングチェーン、フロントカバー、オイルポンプ、ウォーターポンプ、カムシャフト、オイルパンはジムニーエンジンからの載せ換え

 新品に近づけるためのオーバーホールですから、ボアアップや面研などは行いません。

もう、このクランクは見ることのないように丁寧に扱います。



さーてと、試乗にいくか〜

あれ〜、車検が切れてる〜
| おとジム | ジムニーJB23エンジン | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://jimnycoil.jugem.jp/trackback/269