無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
ジムニーJB23 中古エンジンが届きました
JUGEMテーマ:ジムニー
  某オークションで「保証なし、ジャンク扱い」のエンジンを購入しました。税、送料込み19,000円。「本当にジャンクかも?」との一抹の不安はありますが…… 

 スズキの主力エンジンK6a。年式や車種によって小変更されています。したがって、ジムニーに載っていたエンジンを購入するのが確実です。が、ちょっと冒険してワゴンR(MC21S)のエンジンにしました。決めてはオイルクーラーの位置です。ジムニーJB23のK6エンジンは年式が新しくなっても、オイルクーラーはずっとこの位置。ワゴンRはこのタイプ以降はオイルクーラーの位置が異なります。
 

ジャンク扱いのエンジンなので、このまま乗せる訳にはいきません。まずは分解します。

チェーンカバーを開けます
見慣れた飴色です。前オーナーさん、オイル交換は車検ごとでしたか?


肝心のメタルとクランクシャフトですが、両方ともダメージがありませんでした。
これからの「おとジム号」のエンジンとして活躍してくれそうです。


燃焼室内は……
ピストンの頭頂部に湿った厚みのあるススが一面に広がってます。
シリンダー内壁のホーニングも残ってますのでこのまま使えそうです。


燃焼室も湿ったススが全面に付着しています。おそらく、前オーナーは燃焼室の温度が上がらない街中走行を主に使っていたと思われます。
K6エンジンの定番?二番の排気バルブ痩せも有りませんでした。


さて、オイルのシミや燃焼室の煤けを取るために漬け洗いします。

| おとジム | ジムニーJB23エンジン | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2014/08/03 9:33 PM posted by: おとジム
サンエスKに浸けてブラシで擦ると汚れがたちどころに落ちますよ。DOHCはOHCとは比較にならないぐらい良く走りますよ!頑張ってくださいね。
2014/08/03 10:46 AM posted by: そらまで
ありがとうございます!
サンエスKですね。アルトワークスのツインカムのF6Aをバラしてジムニーノ用に組み直そうとしてたところなので助かりました。
私が手に入れたエンジンもオイル交換が適当だったらしくブラシぐらいじゃ歯が立ちそうになかったので(^^;
2014/07/26 6:36 AM posted by: おとジム
 そらまでさんこんにちは。
 使っている洗剤は粉末状のサンエスKです。水に溶かして使います。
2014/07/22 6:38 PM posted by: そらまで
次の記事のヘッドの写真を見るととても綺麗になっていますね。
もし差し支えなければなんという洗浄剤を使ってらっしゃるかお教えいただけますでしょうか。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://jimnycoil.jugem.jp/trackback/260