無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
ジムニーJB23 インジェクター交換
JUGEMテーマ:ジムニー
  おとジム号の走行距離は、14万キロ弱。ですが、まだまだ元気ですよ!先日はエンジンの中身を交換しましたので、今回はエンジンの外身を交換します。

ガソリンを「チュッチュ、チュッチュ」と噴射しているインジェクターの交換です。
インジェクターが不良や故障になった訳ではありませんが、14万キロ近く使ってますので未然に故障を回避する意味を含めて走行7万キロのインジェクターと交換しました。

新インジェクターは、ワゴンRのものを流用。ジムニーJB23の4型も同じもののようです。

左がワゴンRインジェクター
右がジムニー3型インジェクター
太さが違いますが、長さもコネクターも同じなのでポン付けできます。

一番の違いは、噴射口の数。ジムニー3型は1ホールでしたが、ワゴンRは4ホール。

上がワゴンRインジェクターの4ホール
下がジムニー3型インジェクターの1ホール

このインジェクターですが、年々多口化が進み最新のジムニーでは12ホールだそうです。ホール数を多くすることで、ガソリンの粒子を細かくして空気との混ざりを良くして、噴射したガソリンを無駄なく燃やしてやろうという技術者の努力ですね。

おとジム号にも最新版の12ホールをと思ったのですが、まだまだ手が出ない値段なので、今回はぐ〜んとお安い4ホールでお試しです。


交換作業終了!たいした作業では有りません。デリバリーパイプのボルト2本を外して、インジェクターを引き抜いて、新インジェクターを差し込んで終わりです。詳細は、色々なジムニーサイトに交換方法が掲載されています。ガソリンが漏れますので、火気厳禁ですヨ!

さて、試乗です。
ガソリンの噴霧化が促進されたのに伴い、インマニの壁面に付着するガソリンも減少、噴射されたガソリンの全量がシリンダーに投入されることが実感できるようになった。従来と比較してアクセルの踏み込み量に素早くエンジンが反応して、クイックなレスポンスが得られると同時に加速中のスピードの上昇も一段と早くなった。

と、予想していたが、ウ〜ム……特に大きな変化はなし!

 一定速で巡航中にアクセルの踏み込み量が従来より減少したかな〜???程度の差でした。ま〜、故障の未然予防が主な目的でしたから、これでいいかな。
 右の時計下のスポンサー様をクリックして、お買い物をしていただけると大変助かります




テント泊でフェスキャンプを楽しもう! 221616.com【ガリバー】
| おとジム | ジムニーJB23エンジン | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://jimnycoil.jugem.jp/trackback/230