無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
ジムニーJB23 エンジン分解4(シリンダーヘッド、アルトと比較)
JUGEMテーマ:ジムニー
  お買い物、通勤や営業の足に大活躍のアルト。ノンターボですが54馬力も出ます。このシリンダーヘッドが届きました。このヘッドをジムニーに使用することができるのでしょうか?

 
 さっそく、ジムニーとアルトの違いを比べましょう。
その1 アルトのヘッドに穴


 上の写真はアルトのヘッドですが、ジムニーにはない穴(青丸)です。この穴はオイルレベルゲージの穴でした。

その2 燃焼室の形状が違う
アルト
 
ジムニー


 吸気バルブ付近の形状が異なります。
 アルトは、お猿さんの額のように出ていますが、ジムニーは真っすぐです。
 年々厳しくなる排出ガス規制や燃費競争から生み出されたものですので、このお猿さんヘッドは、燃焼が改善されより効率的にエンジンが働くのではないかと想像しております。ハイ!

その3 アルトのポートは滑らか

 ジムニーのポートと比較するとアルトのポートは曲がりが滑らかで段差もほとんどありません!ジムニーのポートは、曲がりは急激で段差も1〜2ミリ有ります。明らかにアルトのヘッドは抵抗が少ないと思われます。段差を修正するポート研磨などを実施しなくても良いのでは?と思うほどです。

 ジムニーのインテークマニホールドとアルトのヘッドですが、継ぎ目の段差もほとんどありません。素晴らしい!


 せっかく、ヘッドを乗せ変えるので、ポートの研磨もサラッと砥石をあてて僅かに行いました。このポート研磨ですが、ピカピカツルツルにする方とあえてザラザラを残す方がいます。正直、おとジムはどちらが空気の通りが良いのかわかりませんが、私のような素人が行えるポート研磨の範囲は、上の写真の赤矢印のところだけ。しかし、空気はスロットルで絞られ、青線を通過して赤矢印に続きます。そう、研磨のできない青線の長さの方が遥かに長いのです。この短い赤矢印の範囲を一生懸命になって、磨いてもさほど影響がないのかな?って思いに達しました。

 バルブの擦り合わせ、バルブステムシールを新品に交換ました。
 ジムニーもアルトもオイルや水の通路は同じでしたので、アルトのヘッドをジムニーに使用します!!

右の時計下のスポンサー様をクリックして、お買い物をしていただけると大変助かります
つづく
| おとジム | ジムニーJB23エンジン | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://jimnycoil.jugem.jp/trackback/222