無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
ジムニーJB23 インタークーラー下に雨よけ
JUGEMテーマ:ジムニー
  ジムニーJA11や12のF6AエンジンもジムニーJB23のK6エンジンもどちらもターボとインタークーラーが付き、取り付け位置もエンジン上とほぼ同じところ。
 ジムニーJA11のインタークーラーには、雨が下部に流れないようにする受け皿がありますが、ジムニーJB23のK6エンジンのインタークーラーの下には受け皿がありませんね。

ジムニーJB23のK6エンジンのインタークーラーの下には燃料インジェクター関係がありますので、インタークーラーを通過した雨水が、この燃料インジェクターに降り注ぐってわけですね。

ありゃ〜、電子部品に水は良くないよな〜!

インタークーラーを取り除いた状態

黄色□がインタークーラーの位置
下部には薄汚れた燃料インジェクターが確認できます。

う〜む。受け皿を付けるか!

試行錯誤の現場合わせで、アルミ板で受け皿を製作中!
試行錯誤なので、無駄に穴が開いてます。型もいびつです。




確認しずらいですが……
黄○のところにいますよ。




これから、コレをベースに、取付方法、雨水の排水口、さらなるクーラーの性能向上等々の改良を施していきます。

PS
雨降りの中を走行しました。
ボンネットを開いてみると、インタークーラーへの冷却風導入口には水滴がついていますね。


当然、インタークーラーに雨水が降り注いでいるってことですね。

インタークーラー下の雨よけで、みごとに雨水をキャッチしていますね。
さらに、雨よけにはシミも認められるので、エンジンの熱を受けて一部は蒸発しているってことですね。

| おとジム | ジムニーJB23エンジン | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://jimnycoil.jugem.jp/trackback/195