無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
ジムニーJB23 バックドアを軽量化したい!8
JUGEMテーマ:ジムニー
  塗装などのお化粧はまだまだですが、いてもたってもいられずに試走してきました。
 走り出したとたんにクルマの軽さを感じます。とにかく軽いのです。信じられないかもしれませんが、助手席に乗っていた体重50キロの人が降りたときよりも軽く感じるのです。バックドア(15キロ減)とスペアタイヤ(16キロ)を外して約31キロの減量ですから、助手席に乗っていた人の方が重たいはずですが、それでもそれ以上に軽くなったように感じます。不思議ですね?



 
 クルマを自由に操作するには、ブレーキ、アクセルを使い分けて、荷重を意図的に前後輪に移動させることが重要というのは有名な話です(実際は難しいです)。それを容易にするには、前輪よりも前側、後輪よりも後側を軽くすることでよりやり易くなります。そこで、車検証を参考に車軸の重量分布を計算してみます。余談ですが、前後を重くすると乗り心地が良くなるそうです。

車両重量 980キロ
前軸重  530キロ 
後軸重  450キロ 
ホイールベース 2250ミリ
後軸からバックドアまでの距離 400ミリ(実測)

鉄ドアの重量分布
鉄ドア 25キロ
25×(2250+400)/2250=29.4キロ
前輪に-4.4キロ、後輪に29.4キロ

FRPドアの重量分布
FRPドア 10キロ
10×(2250+400)/2250=11.8キロ
前輪に-1.8キロ、後輪に11.8キロ

前軸重530+2.6=532.6キロ 
後軸重450ー17.6=432.4キロ
車両重量980ー15=965キロ

15キロの減量ですが、後軸には17キロ以上の差が生じるのですね。
これが、具体的に走りにどのように影響するのか、JXCDで試してみます。
 
JXCDの結果です

| おとジム | ジムニーJB23外装 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://jimnycoil.jugem.jp/trackback/186