無料ブログ作成サービス JUGEM
ジムニー シエラ JB32 ウレタンバンプストップラバー その後 
JUGEMテーマ:ジムニー
8月に参加したジムニーだけの3時間耐久レースで純正のゴム製バンプストップが割れた話覚えていますか?


ゴムじゃダメってことで、ウレタンに交換して9月の3時間耐久レースに出場したのですが……


あっけない結果でした。戦う前に終わってしまいました。
ま〜聞いてくださいな。レース前にコースの試走ができ、コースの順路、状態、危険箇所を覚えます。何週かゆっくり走ると「赤いものが落ちている」のを発見!!エッ、まさか?!

クルマから降りてみると案の定、おとジム号のバンプストップです。
道に落ちた赤いバンプストップを拾い、失意の中パドックに戻りました。

レース前っすよ〜。。自走で帰るんですよ〜。。

クルマが壊れるのを嫌って、このまま帰る? 


なんてことは全く考えません。


レース開始時間までに何とか応急処置を……

う〜ン、針金でしばりましょう。

なんとかレース前に応急処置を完了しましたが、レース開始後直ぐに「赤いウレタン」が道ばたに落ちているのが見えました。おとジム号にはバンプストッパーがありません。こんな爆弾を抱えてますので、サスペンションに負担をかけないように慎重な走りに徹します。

針金が物悲しいです。
それでも、走行中は何度もガッツンと突き上げがきます。衝撃でミラーの向きが変わります。いくら、オーストラリアのアウトバックで鍛えられたサスペンションでもバンプラバーなしの衝撃が3時間も続けばショックの抜けや変形を覚悟しました。もっと怖いのはホーシングの変形です。曲がってもいいから折れないでくれと願いましたよ。願いが通じたのか、サスにもホーシングも異常なし!!途中棄権すること無く走りきることができました。結果はクラス二位!よかったー
丈夫なサスに感謝です。


ばらして見てみると……



まったくの役不足!

自作します。
こんなゴムを買ってきました。

ちょっと加工して
取り付けました。


強度不足な気がしますが、とりあえずはこれで逝っときます。

| おとジム | ジムニー JB32 シャシ | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
ジムニー シエラ JB32 サスペンション アームのブッシュを油圧プレスなしで交換
JUGEMテーマ:ジムニー
  お彼岸を過ぎてめっきり涼しくなりましたね。急激な気温の変化で風邪等に気をつけてください。

実は、おとジムが風邪を引きました。

「お彼岸」なんて言葉を使う何て歳を取った証拠ですね。

3時間耐久レースネタももう最後です。今後しばらくは、ネタ切れ必至っす。

ジムニー初のコイルサスですが、どうもリヤサスペンションのトレーリングアームのゴムブッシュが割れる症状がでます。街中で使用している場合は10年程度は持ちそうですから心配はないですが、ドッタンバッタンの激しい使用では、もっと寿命が短いようです。


まだ使用限界ではなさそうですが、次回にレース中に割れることは避けたいので交換することにしました。


交換するのは良いのだけれど……

このゴムブッシュはアームに圧入されています。これを取るのも入れるのも、油圧プレスで圧力を加えて「むにゅ〜」とやるのですが……


1「油圧プレス」なんて持ってません。

2近所の整備工場にお願いしたところ、ジグが無いからムリだと断られました。

3ジムニー関係の店に工賃を聞いたのですが、アジア製造の油圧プレスが購入できる金額なのでヤメました。


さ〜どうする?

う〜ん、

とにかくやってみるか?!

と、いつもの調子

まずは、古いゴムの取り外し


ゴムにドリルで穴をあけて、ひねって、揉んで取れました。



次は鉄の輪っかの取り外し

ハンマーとタガネでコツコツと叩いて
輪っかを変形させて(写真ではゴムが残っています。はじめはこれで取れるかと思ったのですが、ダメでした)) 


ポコ 取れました。ここまででも超大汗


交換用に用意したのはスズキ純正JB23のスグリのあるタイプ



これをアームと一緒に万力に挟んで



グイグイ、グリグリとハンドルを回します。

35度の気温での作業、滝汗でした。


そのかいあって、アームにブッシュが入りました。

ゴムブッシュ2個を交換してたっぷりと半日は必要でした。
もう、体力の限界です。





結果、何とかなりました。
アーム1本に3カ所のブッシュを交換するのですが、2カ所でもう体力と気力の限界でした。

次回?

素直に「油圧プレス」購入します。ハイ







| おとジム | ジムニー JB32 シャシ | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |
ジムニー シエラ JB32 バンプストップラバー 破壊 


JUGEMテーマ:ジムニー
  バンプストップラバーが
・ 








割れてる〜







左がこれ


右はこれ



バンプストップラバーがこんな状態になっているとも知らずに爆走していました。

バンプストップラバーが機能しなくなったので、ショックアブソーバーは幾度となくフルバンプで底付きを起こしていたのでしょうが、オイル漏れや変形がありませんでした。オーストラリア製は丈夫なようです。



このまま純正と交換では面白くありませんね。






「8の字だろ。あれも純正じゃねーかー」って?

鋭いご指摘です





しかし こたえは『ノ〜ノ〜』



ゴムじゃねーよー

熟れてんだよー



いやっ
ウレタンだよー









| おとジム | ジムニー JB32 シャシ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ジムニー シエラ JB32 トランスファー交換2
JUGEMテーマ:ジムニー

梅雨も明けて、超〜暑〜いですね。
ジムニーいじりも熱中症に気をつけてくださいね。

さて、この乗せかえのポイントはプロペラシャフトですね。情報収集や実際に中古部品を購入したりしながら調べました。

1 660の11用プロペラシャフトは、長さとミッションの接続部が異なり×。
2 51用プロペラシャフトだとポンらしいが入手困難で高価だったので×。
3 31MTミッション用プロペラシャフトはトランスファーの接続が部が異なり×。


1300のミッションと660のトランスファーを繋ぐにはJB32用では長過ぎるが、JJA11用では細すぎる、31では太すぎるってことで、長さとフランジの部分の大きさが異なります。


ウ〜ムっどうするんだ!!
ミッションとトランスファー間のプロペラシャフト!




そうだ、11と31の合体だ。


上31用 下11用


左11用 右31用



フランジをバラして「2コ1」に……


ミッションからトランスファーまでの
特製プロペラシャフトのできあがり!!


トランスファーとデフ間のプロペラシャフトはJA11とJB32用の合体です。
この方法はプロペラシャフトのバランスが崩れるので振動が発生する可能性が大きいのですが、それはそれで自己責任ですな。


これが交換した部品の全部です。
4WDスイッチもスピードワイヤーも互換性ありでした。


 
続きを読む >>
| おとジム | ジムニー JB32 シャシ | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
ジムニー シエラ JB32 トランスファー交換
JUGEMテーマ:ジムニー
アジサイの花もしおれてきました。本格的な夏もそこまで来ています。
さて、今回はトランスファーの交換です。
このJA12.22.JB32シリーズのジムニーはハイギヤードで有名ですね。これも使い方次第で、市街地優先で乗用車的に使うのならばこれはこれでいいのかな?と思います。
しかし、おとジム的にはやはりハイギヤードなので、なんとかしなければなりません。方法は色々あるようですが、費用と作業と効果を考えてJA11のトランスファーと交換することにしました。JA11のトランスファーに交換するとハイ、ローともにローギヤになるのより使いやすくなるのではないかと企んでいます。

これが、JA11ATのトランスファーとプロペラシャフト類



右がJB32用 交換作業はステーごとの交換でポン付けです。
トランスファー新旧

見ても分かるようにトランスファーの外形が異なるのでプロペラシャフトの長さ、取り付けの寸法も異なります。

その違う所をどう合わせようか?ってことがポイントです。




 
| おとジム | ジムニー JB32 シャシ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ジムニー シエラ JB32 コイルサスペンション交換 車高アップ2

JUGEMテーマ:ジムニー
 まだ夏本番前の梅雨ですが暑いですね。
夏バテでしょうか? 歳のせいでしょうか?身体がダルいっす。
 さて、コイルサスの交換です。コイル車はショックアブソーバーを外してしまえばコイルがポロリと取れます。リーフ車より簡単です。
前輪の写真は撮影するのを忘れました。
後輪だけで勘弁してください。

IMGP0489.JPG
出来上がり
IMGP0498.JPG


サスペンションの交換前に高さを計測しておきました。テープに41とあるのがノーマルです。交換後を巻き尺で計ると45センチとなってました。
IMGP0515.JPG

IMGP0509.JPG


さっそく街中での試乗です。
シートに腰掛けると視界が高くなっているのに気がつきます。
走り出して、コイルのレートが純正より高いのが直ぐに分かります。それに合わせてショックの減衰力も強くなっています。乗り味が「ぶよんぶよん」から「しゃっきり」に変化しました。左右方向の揺れは車高が高くなった分多く感じられるが直ぐに慣れます。キャスター角は変化しましたが、時速100キロでも安心して走行できます。前後輪ともホーシングとバンプストッパーの間隔が広がったので突き上げがなくなりました。 

次回はダートで試乗です。

| おとジム | ジムニー JB32 シャシ | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
ジムニー シエラ JB32 サスペンション交換 車高アップ!
JUGEMテーマ:ジムニー
サスペンションを交換しました。
これで車高が40ミリアップです。

前輪用
黒色の純正品と黄色と青の新パーツの
比較 
IMGP0503.JPG

これは後輪用
IMGP0490.JPG

ショックもコイルも純正より太くて長いたくましいサスです。

この12、22、32シリーズのネックは前輪のショックアブソーバー!

コイルスプリングと一体となった専用部品のため選択肢がないに等しい。


それでも世界に眼を向ければあるんですね。

| おとジム | ジムニー JB32 シャシ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ジムニー シエラ JB32 純正LSD
JUGEMテーマ:ジムニー
平成22年の4月です。就職、転勤、進学等々出会いと別れの境目ですね。
おセンチな気分になっている人もいるはず。
しかし、世間は誰も何もカマってくれません。

さて、そんな訳でジムニーシエラJB32は、リヤデフを純正LSDに交換です。このLSDってヤツは、左右のタイヤの回転差を調整して悪路でも前進できるようにするもの。作動の原理は難しいので私もヘリカル等のギヤについては、よく理解していません。以前のおとジム号に装着していたLSDですが、JA11とJB32は互換性があるとのことなのでJB32に装着してみます。
まずは、JA11ホーシングから取り外しです。
ホーシング
いきなり、取り外し完了です。
LSD

ジムニーシエラJB32は、シャフトを引き抜きます。
シャフト

デフが出てきました。オープンデフです。
オイルがドロドロに汚れているな
open

組み替え中
交換

左 オープンデフ 右LSDデフ
比較

バックラッシュを調整中!
バックラッシュ

組み替え作業は午後1時から開始して、ブレーキの空気抜きを終え作業を終了したのが日が暮れる寸前でした。

この純正LSDデフは、ロックデフのような癖や機械式LSDのようなバキバキ音も無く、スムーズです。オープンデフと区別がつかないほどです。が、コーナーを曲がるとき加重が外側に移りロールします。そのときに無理にアクセルをグッと踏むと、オープンデフならイン側のタイヤが空回りして駆動力を失いますが、LSDならアウト側のタイヤにも動力を伝えイン側のタイヤは空回りせずに前進するののです。エンジンに力があればパワースライドに持ち込むことも容易なのです。
 だが、オフロードなどで片一方のタイヤが地面から離れると、途端に離れた側のみに駆動が伝わり前進できなくなります。
 
 
| おとジム | ジムニー JB32 シャシ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ジムニー シエラ JB32 後輪トレーリングアーム ゴムブッシュに亀裂 その後
JUGEMテーマ:ジムニー
  以前、後輪トレーリングアームのゴムブッシュに亀裂を発見!アームごと中古に交換したことは既にお知らせしました。
ヒビ

その後の状態です。切れてはいませんが、ひび割れが徐々に発生している様子。

ゴム
しかし、まだまだ使えそう。
亀裂が走ったら報告します。

| おとジム | ジムニー JB32 シャシ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ジムニー シエラ JB32 バンプストップラバーのその後
JUGEMテーマ:ジムニー
以前に交換したウレタン製のバンプストップのその後について報告します。

比較
そのときのお写真


その後のお写真
ウレタン
ホーシングにはバンプストップラバーが接地した跡がクッキリと残ってます。
純正のゴムと比較して、ドッカンとくる衝撃が少なくなったような気がします。

まずは、大成功



| おとジム | ジムニー JB32 シャシ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ジムニー シエラ JB32 タイヤ交換 BS DUELER MT673
 
JUGEMテーマ:ジムニー
 
道路と接している唯一の部品がタイヤ!
これからレースのシーズンに突入で、思い切って購入しました。
購入したタイヤはBS社製のDUELER MT673です。周りにBSを装着している方がいないので、生の声を聞けませんでしたが、カタログによると、色々な技術が注ぎ込まれているようなので、試してみます。

bs
サイズは185/85-16 ホイルは純正の鉄チン

bs
純正タイヤと比較するとデカイですね。

増々ハイギヤードになって走りずらそう


| おとジム | ジムニー JB32 シャシ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ジムニー シエラ JB32 バンプストップラバー
JUGEMテーマ:ジムニー 
ノーマルのシャシである。
新車の状態を知らないが、10万キロ手前の割にヤレ感はない。スプリング、ダンパーともにもっとレートが高ければさらにキビキビと走ってくれるように感じるが、走行の99パーセントが市街地なので、ま〜そこそこ満足なシャシである。

ノーマル

この殺風景なノーマルシャシも少し実験してみたくなった。

比較


比較2
左のドングリみたいなものが、ゴムでできた純正バンプストッパーだ。スプリングで吸収しきれなかったショックをこれで吸収する。

それをポリウレタン製に変更して実験してみたのだが……。


取付けネジの山を見て欲しい。細目と並目なので、このままでは取付けられない。




で……

ダイスで無理矢理に山を修正したのだ。強度的にはもちろん???
ねじ切り
付いた
綺麗についた。問題も無さそうである。

市街地を走ったのが、特に変化がない!バンプストッパーに当たるような凸凹が市街地では見つけられないのだ。それより、前軸のバンプストッパーがホーシングと頻繁に当たっているのが気にかかる。前軸に適合するポリウレタンを探そう。
| おとジム | ジムニー JB32 シャシ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ジムニー シエラ JB32 後輪トレーリングアーム ゴムブッシュに亀裂
JUGEMテーマ:ジムニー 
ジムニーは前後とも3リンク式サスペンション。その主役になる前後方向に伸びるアームは、取付け位置によってその呼び名が異なります。タイヤから後方に伸びるのがリーディングアーム、タイヤから前方に伸びるのがトレーリングアームです。だから、前輪はリーディングアーム、後輪はトレーリングアームとなるそうです。
 「前輪の棒」「後輪のアーム」でも意味は通じるのでどうでもいいのですが、ごちゃ混ぜで使っている人も多いですね。
全景
これは、後輪のトレーリングアーム

さて、後輪のドラムブレーキの点検中に
ブレーキ清掃

「あれ、亀裂?」
ヒビ
ブッシュに亀裂を発見!
走行中に異変は感じなかった。何故だか右後輪の上側のブッシュは傷みが早いらしい。
さっそく、中古のアームと交換です。新品のブッシュの交換には、「プレス機」が必要らしい。そんなモノは無いので、火でブッシュを燃やして、ハンマーで新品を圧入なんて方法も考えた。が、アームごと交換した方が「早くて安い」ので中古アームを購入した。購入した中古アームはJA22のもの。JB32と同じだろうと思っていたら「浮き文字」が違っていた。もちろんVN22はJA22、VN32はJB32のモノ。アームの寸法は全く同じなのでそのまま使用しました。交換作業は、三組のブッシュのボルトナットを緩めて、交換して締め付けるだけなので簡単です。
違うところ

亀裂の入ったブッシュを見ると、ブッシュの上部が左右に裂け、下部が半円に上下に裂けていることから、常に下から上方向に力がかかっていたと想像できる。
亀裂

中古アームのブッシュに今は異常がないが、近々に同じような運命になることが予想される。そしたら、新品を入れるか!?
正常ブッシュ


| おとジム | ジムニー JB32 シャシ | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
ジムニー シエラ JB32 クラッチ交換3
JUGEMテーマ:ジムニー
  みなさんは22年のお正月はいかがお過ごしで下か。1月5日から仕事始めの人も多かったのではないでしょうか。
さて、クラッチ交換はこの号で最終回です。腰を痛めてから一週間は何もしなかったのですが、好きなこととなると少々の痛みでも身体が動いてしまいます。
クラッチ新旧
 クラッチ交換と言っても、新旧のクラッチ板、プレート、ベアリングを交換してグリスを塗る程度ですので、そう難しいものではありません。
 しかし、外したミッションをクラッチと合体させるのに「コツ」がいります。いや、具体的にはコツではなく工具が必要なだけ。その工具はクラッチ板の中心を正確に芯だしするもの。この芯だしを行わないと、ミッションの軸がクラッチ板に挿入出来ないのです。

ミッション清掃

ミッションのから出ている軸が見えますか?
この軸を

クラッチ
中心の穴に挿入するので、クラッチ板の芯だしが必要なのです。

 我々素人ではクラッチ交換なんぞ年に一回あれば多い方。そのために工具を購入する気にはなれません。そこで、おとジムが利用しているのがこの方法。

中心

ドライバーにソケットのコマを入れてクラッチの中心を出します。

中心を取る
フライホイールの中心にドライバーの先端を差込み、クラッチ板との間にソケットのコマを差込みます。これで、芯だしができます。この後にプレートを被せてボルト止めして完了!

この後は、ベンチプレスの要領でミッションを両手で持ち上げるのでが……

身体に落ちないように気合いを入れて

「おりゃ〜」

重て〜腕が震える〜



やっとミッション挿入完了

ほっと、一息

外した小パーツを組み立てて完了!

ベロ
JA11にはなかったゴム板
改良されたのですね。

明日、いや明後日は筋肉痛に襲われますが、気分は爽快です。









| おとジム | ジムニー JB32 シャシ | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
ジムニー シエラ JB32 クラッチ交換2
JUGEMテーマ:ジムニー 前回のとおり、クラッチ交換中に腰を痛めたので、直ぐに整形外科に行きました。
待ち合い室で、「痛い〜」と唸っていると処置室に通されうつ伏せで待たされました。しばらくして、医師の診察ですが「その痛みではレントゲンも撮影出来ないので、とにかく痛みを取りましょう」とお尻の上あたりに仙骨ブロックの注射を一本。「がお〜っ」なんだか像さんに踏まれているような鈍痛が走ります。( 像に踏まれたことあるのか?とのツッコミはなしですよ)これで、痛みが軽減するとのこと。たしかに、30分ほどで痛みが軽減しました。ふ〜!お騒がせしました。それにしても、腰痛には気を付けましょう!!
それから、一週間後作業再開です。ミッションを見ると腰が痛くなります。トラウマです。

固定
ジムニーシエラはかくしてウマの上でトラブってました。
これがホントの「トラウマ」


寒〜い オヤジギャグです









クラッチ
クラッチ全景

クラッチを外して新旧を較べてみました。



そこに、衝撃の事実が!!



クラッチ新旧
左旧クラッチ 右新クラッチ

旧クラッチのディスクはほとんど減っていません

まだ、まだ使えました。

しかし、調整代は既になくなっていました。
ということは……

調整代
このレバーの差込み位置が悪かったのか?

もう今更、どうしようもありません。クラッチを交換するのみです。
何だか脱力感が漂う作業です。










| おとジム | ジムニー JB32 シャシ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ジムニー シエラ JB32 クラッチ交換
JUGEMテーマ:ジムニー
  軽ジムニーのクラッチ交換は過去に何度も経験している作業ですが、小型車ジムニーのクラッチ交換は初めての経験です。クラッチを新品に交換すると、踏力が軽減され、断続がスムーズになり運転がしやすくなります。

そう、思い出しました。初めて「おとぼけジムニー」にクラッチ交換を掲載したときに皆さんから反響が大きくありました。
  1. 「クラッチ交換が素人でできるのか?信じられない」
  2. 「交換方法を詳細に教えろ」
  3. 「本当に交換したのか?ウソ言うな」等々。
今では当たり前の整備でも当時はインパクトがあったようです。

さて、クラッチを交換するにはトランスミッションを降ろさなければなりません。しかし、ミッションを降ろす前に外す部品があります。
  1. 電気スパーク等の事故防止のためバッテリーの端子を外す。バッテリーはずし
  2. ジムニーをリフトさせ、固定する。リフト
  3. 触媒を取り外します。触媒とエキゾーストマニホールドを接続するボルトとナットが熱による錆びでガッチリ固定され取ることが困難な場合もありますが、今回はすんなりOKでした。触媒
  4. プロペラシャフト。ジムニーは3本ありますので、順次外します。
  5. トランスファーを移動させます。プロペラシャフトを抜くためにンスファーを後方に移動させます。
  6. セルモーターの取外します。
  7. ミッションを固定するブラケット、エンジンとのボルト、ナットを外して後方に引き抜きます。
  8. ミッションが身体に落ちないように受け取ります。慎重に、慎重にミッションは重たいですから、「おりゃ〜」と気合いを入れて降ろします。
ようやくミッションが降りました。ふ〜。
ミッション

ミッション?
ハウジング内が汚れています。

いっちょ、綺麗にしてやりましょう!

ミッションを引きずり出したその瞬間です

「ピキっ!」

腰から音が聞こえました。

次の瞬間!腰に激痛が……


痛い〜!!

動けません!

腰です、腰をやりました!





| おとジム | ジムニー JB32 シャシ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |